ヒューマンインターネット

HOME | ドメイン付サーバレンタル | ドメイン販売 | ドメイン高値買取 | ドメインリクエスト |

有名ドメイン付き
サーバーレンタル

有名ドメイン販売

WEBサイト制作

SEO対策

ドメイン高値買取

ドメインリクエスト


申込み・お問合せ

会社概要

ドメインマーケティングのヒューマンインターネット

ヒューマンインターネットでは、かねてより「普通名詞.jp」ドメインにてWEBサイトビジネスを展開することが、アクセスを安定確保する最たる手段として注目し、ドメインマーケティングを提唱、サポートしております。既に、株式会社エムティーアイ様が「music.jp」にて成功を収めているように、誰でも知っているBookやMoneyなどの普通名詞(英単語)をドメインに活用し、貴社のWEBマーケティングをご検討ください。一部の有名企業でしか効果のなかった「企業名.co.jp」とは違った多くの効果が得られ、サイトアクセスへの新たな経路が開きます。

DNM2.0(ドメインネームマーケティング2.0)は何故、有効なのか?

では、今何故ドメインマーケティング2.0が有効なのでしょうか?

どんどん価格高騰するリスティング広告 ドメインマーケティングのヒューマンインターネット SEO対策の常識化と競争の激化
効果があると思われていたオーバーチュア等のリスティング広告ではキーワードによってはわずか1年足らずで10倍近くに跳ね上がり、1クリック数千円するキーワードも珍しくなくなってしまいました。広告料金の高騰は大資本のある企業ほど有利に働く傾向にあり、その投資額も莫大です。
ドメインマーケティングのヒューマンインターネット
ドメインマーケティングのヒューマンインターネット
WEBサイトを作成する際にSEO対策はもはや常識になり、検索エンジンの上位に表示されるには多く手間と時間を必要とします。SEO業者も多数存在するように検索エンジンの上位表示自体がビジネスになるまでになり、委託費用は数百万円になるケースも多くなってしまいました。
ドメインマーケティングのヒューマンインターネット
ドメインマーケティングのヒューマンインターネット ドメインマーケティングのヒューマンインターネット ドメインマーケティングのヒューマンインターネット
ドメインマーケティングのヒューマンインターネット ドメインマーケティングのヒューマンインターネット ドメインマーケティングのヒューマンインターネット
キーボードへのタイプ可能者の急増 ドメインマーケティングのヒューマンインターネット 携帯電話によるアクセスの急増
キーボードを扱える人口は5年前の約10倍、ブラインドタッチが出来る人口は社会人の10人に約3人となり、ますますキーボードマスター人口が増加しております。検索同様ダイレクトにアドレス入力するのも困難ではない人がどんどん増えております
ドメインマーケティングのヒューマンインターネット

ドメインマーケティングのヒューマンインターネット
携帯電話にてパソコンとほぼ同等の画面が見られるようになり(フルブラウザ機能)、パソコンより入力が困難な携帯電話には、短く覚えやすいドメイン名が有効です。
ドメインマーケティングのヒューマンインターネット
ドメインマーケティングのヒューマンインターネット ドメインマーケティングのヒューマンインターネット ドメインマーケティングのヒューマンインターネット

まだ誰も知らない「ドメインマーケティング」の威力

ご理解いただけたでしょうか?

広告費を湯水の如く費やしイタチゴッコのリスティング広告やサーチエンジンの仕様変更や規制強化に左右させるSEO、SEMが限界をみせる中、一度覚えさせたら忘れない「普通名詞.jp」は確実に且つ永久的に貴社のWebサイトに導く、最良のWebマーケティングプロセスなのです。

ドメインマーケティングが
サイト効果を挙げている例
株式会社エムティーアイ社様の運営している
「music.jp」

創始者(会長)からのメッセージ

ドメインマーケティングのヒューマンンインターネット私がドメインマーケティングを提唱するにあたり もっとも大切な考えは「言葉に命がある」ということです。 日本では、「言霊」という言葉が古来よりあり、 西洋では、聖書に「はじめに言葉ありき」との記述があります。 これは人間にとって言葉の認識がいかに大切であるかを意味します。
次に大切なのは、「言葉は公共性が高い」ことです。 マーケットが広いインターネットでは言葉のもつ公共性が威力を発揮します。平成19年その公共性を損なわないよう「ポスティングシステム(入札制度)」 を導入し市場に眠っているドメイン資産を掘り起こし提供するに至りました。


平成19年4月7日
株式会社ヒューマン・インターネット
代表取締役 斉藤 隆

代表取締役 斉藤 隆 プロフィール